IKIKATA

「IKIKATA」と書くと生き方を想像される方が多いと思いますが、「IKI」の部分をいろんな漢字に当てはめて書いていきます。「生き方」「行き方」「粋方」「好き方」などなど。

今後のはてなブログの更新について

はてなブログで、ブログを初めて書かせていたただき、継続しようと思っていました。

 

しかし、noteの存在を知って、noteで書いていくうちに、しばらくは、noteでお世話になって、腕を磨き、はてなブログとうまく連携させていきたいと考えるようになりました。

 

私自身、まだ、ブログ関係の知識はズブの素人で、いい判断をしているとも思えないのですが、はてなとnoteの両方を更新していくことは難しい。よって、少し楽しみながらnoteを更新させていただき、はてなにしっかりとした文章を載せていけるようにしていきたいです。

 

これからも、お読みいただける方がいらっしゃるのであれば、しばらくの間は、私のnoteをのぞいてください。

 

よろしくお願いいたします。

 

note.mu

石橋を壊して渡る ブログ継続のために

みなさん こんにちは。

ブログを始めて、まだ、2週間弱。

期間は短いですが、

ブログを継続するため、

今までを振り返り、

反省すべき点、改良すべき点を抽出し、

良い記事を提供、継続するにはどうすれば良いか、

を考えていきたいと思います。

 

私が書いているブログの問題点は何か?

 

スタートしたばかり、何もわからない状態が続いています。

人に迷惑だけはかけない形で続いている状況です。

 

やっと、1歩だけ踏み出せました。

何もやっていなかった自分から、

ブログを1つ2つと公開できました。

少しは変われたかもしれない。

 

自分を変えたい。

自分を進化させたい。

自分の力で楽しいことを実現していきたい。

 

理想ばかりが膨らんでしまうが、

現実を考えて、行動し、改良していかなければならない。

 

まずは、こうしようと考えたことは下記の通り。

① 記事を公開して数多くの恥をさらす。

 これをスタートしたばかりでは何もわからないので、

 人に迷惑だけはかけない形で、数をこなす。

 読者に無駄な時間を過ごしていただく形になるかもしれませんが、

 恥をさらす → 改良する → 楽しいブログになる

 しかし、どこに恥があるのか自覚することが私の一番の問題点です。

 とにかく、お気づきの点がありましたら、

 お知らせください。どんなご意見でも、結構です。

 是非、お願いいたします。

② 数をこなしていく。

 量をこなして、下記のようにできるようになったら、気持ちいだろうな。

 ・スムーズに書けるようになりたい。

 ・きれいな文章を書けるようになりたい。

 ・読んだ本の内容を忘れたくないためにアウトプットしたい。

 ・本をアウトプットすることで、他の読者と感動を共有したい。

 ・感動を共有して、コミュニティを作成し、社会に貢献できるものを創造する。

③ 今まで、SNSをほとんど活用していなかった。活用したい!

 ブログやTwitterを通して、アウトプットの練習とSNSを使いこなすことで、

 最先端のコミュニケーションツールに関して勉強させていただく。

 この世界には楽しいことがあるはず。

 NewsPicksに注目することで、

 SNSの活用を考えさせられた。

 

今、私がやるべきことは、

恥を捨てて行動するのみ。

体裁は考えない。

石橋を叩いて渡ることはしない。

石橋を壊して泳いででも溺れながらでも渡る。

絶対に渡ってみせる。

これが私の決意だ。

 

現在、読書中の本を1章ごとに感想をアップしているが、

その本の全体像が見えていない中、

書き始めてしまっている。

もっと、この形をとるのであれば、

読書の実況中継風であれば、

おもしろいものになるかもしれない。

 

そうでなければ、

全文を読んでから、

要約を書いて、

感想という形だろうか。

 

読書した後のアウトプットも初めて。

今まで何もやってこなかったツケをここで、

全て払って、楽しい人生をおくるつもりです。

 

丁寧に読者の皆様にわかりやすく、

おもしろい文章を心がけて書いていきます。

 

 

 

私は頭が悪いです。

しかし頭が悪いなり考えます。

恥ずかし気もなくこのブログを公表し始めました。

ブログを通して私という人間を皆さまに曝しながら、

自分を鍛えていきたいんです。

恥ずかしい文章を公表し、

皆さまに読んでいただき、

ご指導をいただきたいんです。

お気づきの点ありましたら、

お気軽にメッセージをいただければ幸いです。

 

そして反省を繰り返し、

きっといいブログを提供できるようになります。

継続する根性はあります。

 

是非、今後とも、お付き合いください。

 

 

けんたろう

 

 

 

読書 「ブランド人になれ」田端信太郎著

 

 

本書は、

「トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦① ブランド人になれ!」に

インスパイアされて生まれた田端信太郎氏が翻案した、

21世紀版の「ブランド人になれ!」だ。

 

サラリーマンの立場から、サラリーマンの生き方を語っている。

田端信太郎氏の経歴が面白い。

現在は、今や1兆円企業となっているZOZOの社員だ。

それ以前は、

  NTTデータ 

→ リクルートR25立ち上げ) 

→ ライブドアlivedoorニュース統括) 

→ コンデナスト・デジタル(VOGUE、GQ JAPAN、WIREDなどのWebサイトとデジタルマガジンの収益化を推進)

→ LINE(上級執行役人)

→ ZOZO(現職)

時代を先取りする企業に所属し、

今を生き抜くスーパーサラリーマン。

 

この本は、我々、会社の奴隷にとって、

心強い武器になる。

 

「常識ハズレで十分だ。無礼者でかまわない。イノベーションはそこから生まれる。」

 

「ハッタリをかませ。全てはそこから始まる。」

 

「バットを振りまくれ。狙うのはいつもホームランだ!」

 

「まずは虚像でも何でもいいから自分をステージに上げろ!そしてそこから必死に辻褄を合わせろ。虚が実を作るのだ。」

 

「沈没船は、ブランド人にとって涎が出るほどおいしい場所なのだ。」

 

「さあ今すぐここでパンツを脱げ!」

 

「この本を何度も読み返してくれるのもいいが、きっとごみ箱にでも捨てて行動することにこそ、最大の価値がある。」

 

ネット上で炎上を繰り返している田端氏ならではの

刺激的な言葉を使った表現は、

強力なエネルギーを発し、

モチベーションを上げてくれる。

自信をもって、行動に移そうと勇気を与えてくれる。

 

「ためらわぬ自己犠牲」

「命がけの覚悟」

「絶体絶命のピンチ」

「振り絞った勇気」

この武勇伝のパターンを体現することが、

我々、会社の奴隷にとって大きな心強い武器となる。

 

 

メルカリを始めてみました

週末、メルカリに登録をしてみました。

出品して、落札され、商品発送まで、できちゃいました。

すごいですね。

初めてなので、2つの商品を出品してみましたが、

2つともに発送までできてしまいました。

 

こんなにスピーディーに完了できるとは思ってもみませんでした。

 

価格の交渉メッセージをいただき、

ドキドキしながら、

対応の仕方をネットで探し、

若干の駆け引きを楽しみながら、

無事、成約!

 

ここで問題発生。

発送のための段ボールがない。

 

メルカリやるには、

発送するので、

箱が必要だったんですね。

 

急いで、箱を探したのですが、

なかなかいい箱が見つからず、

早く発送することが義務だとも思ったので、

大きい段ボール箱を

適当なサイズに切って利用しました。

ちょっと不細工になってしまったので、

評価は下がってしまうかな?

当日発送できたので、大丈夫かな?

 

ドキドキしながら、今週中の初評価を待ちます。

 

メルカリを利用することで、

生活が変わりますね。

家にある不要なものに価値があるとは思ってもみませんでした。

しかも、スピーディーに処分できる。

処分といっても、捨てるわけではなく換価できる。

何で今まで利用しなかったんだろうと後悔してます。

先週、家具を何個か粗大ごみで捨ててしまったのに・・・。

 

新しいものは、すぐに利用してみて、

自分で判断することですね。

勉強になりました。

 

箱の準備は必要ですね。

他に何かいいアイデアお持ちの方は、

教えてください。

ちなみに今回は、

らくらくメルカリ便の宅急便を利用しました。

 

 

 

会社 モチベーション ブログ

私は会社を変えたいと思っている。

私は単なる平社員。

変えようと思うこと自体、間違っているのかもしれない。

「変えられるはずがない。」

「やるだけ無駄だ。」

そう考えるヒトが大半だと思う。

 

どう変えたいと思うか。

 

深いコミュニケーションがとれるようにしたい。

チームワークで最強軍団になりたい。

新しい発想を取り入れて、

楽しいと思える仕事を作っていきたい。

 

そのためには、

まず、対話しなければならない。

 

会社には20人ほど。

50歳超が約半分。

それ以下が約半分の割合。

高齢化が進んでいる。

年功序列

 

対話しようとする。

提案をする。

ノラリクラリと逃げられる。

それでも対話を繰り返す。

 

 

50代を動かすことは難しい。

対話を重ねて、

情熱をぶつけた。

 

少しは動いた。

しかし、スピードはノロノロと亀さんのよう。

でも、少しは動いた。

動き出したということか?

 

対話を継続しないと止まってしまう。

止めるわけにはいかない。

スピードはだんだん上がっていくはず。

だから、継続だ。

継続しなきゃ、止まる。終わりだ。

 

スピードが出ないと気力が続かない。

3年かけてやっと動き出したのに、

モチベーションは下がる一方。

弱音を吐く。

 

自分が属する組織。

この組織を自分でよくできなければ、

だめだろう。

会社のためではない。

自分のためだ。

 

これは私のための戦い。

人生を生き抜くうえで、

やらなければならない戦い。

 

本当にそうなのか?

これは偽善的な考えなのか?

わからなくなってくる。

 

40代より下の世代とも対話した。

この世代をまとめて、

若手の意見として、

上に提案して、動かそうとした。

 

うまくいくと思ったのだが、

衝撃的な事実を発見した。

なんと若手が現状維持を目指していた。

50歳超の世代も現状維持を目指している。

目指す方法性は一緒だった。

 

若い世代をまとめる方が難しいのかもしれない。

 

これでいいのだろうか?

人の人生だから、

どれがいい、悪いと、私は言えない。

 

個人の求めるものと

組織の求めるものが違うのなら、

まとまることは難しいのか。

 

違うベクトルを同一方向に持っていくということは

洗脳するということなのか?

マインドコントロールすることなのか?

 

思考錯誤しながら、

継続していきたいところだが、

モチベーションを維持できるか?

そろそろ、諦めたい。

 

無駄な労力のような気がしてならない。

会社が変わらなければ、

無駄な労力になる。

 

人生に無駄な労力ってあるんだろうか?

無難に過ごすより、

無駄であっても、

アクションを起こし、

周囲にそのアクションをリアクションしてもらい、

そこから刺激を受けていくことが、

充実した深い人生のような気がする。

 

刺激をたくさん、受けること。

刺激を受けるためには、私がアクションを起こさないと!

 

こうやって、ブログを書くことで、

だんだん、やる気が起きてきました。

モチベーションが上がりました。

 

ここまで、お付き合いいただき、

ありがとうございます。

 

今日も一日、頑張りましょう!

 

 

 

ブログを続ける覚悟2

どんな思いからブログを始めたか?

 

私を曝け出したい。

この思いしかない。

 

私を曝け出すということは

私のためにブログを書くということなのか。

それとも誰かに読んでほしいと思って書くのか。

 

私を曝け出すということは

誰か特定の人に曝け出したいと思っているんだろうか。

そう仮定すると誰に曝け出したいんだろう。

近くにいる人か?

遠くにいる知らない人か?

私自身を言語化するためで、

自己満足するため?

自己満足の過程を曝け出すということ?

 

私をどこまで、曝け出せるか?

やってみないとわからない。

 

ブログで曝け出すことは可能なのか。

やってみないとわからない。

 

継続してやるしかない。

継続することで、内面に湧き上がる何かを表現できるようになるんだろう。

そんな楽観的な未来を想像しながら、

ブログを書き続ける。

しつこく書き続ける。

 

別に義務ではない。

義務ではないが、書かないと出てこない。

埋もれているだけで、出てこない。

 

書き続けることで、

自分を絞り出せ。

絞り出せば、ちょろちょろしか出てこないが、

その出てきた汁がまた、次に出てくる汁を呼ぶ。

まだまだ、出てくる。

私という雑巾に限界はない。

 

私は生きている。

目の前のものを見ている。

見て脳に刺激を与えている。

刺激を与えて、覚えていることもあれば、忘れることもある。

全てを覚えたいと思うがそれはできない。

 

覚えるには言語化が必要だ。

自分の感情、情熱、

言語化される前の段階の刺激を

言語化することで

記憶に定着するのかな。

 

ソムリエがワインの味を

詩的な表現で説明する。

それは、味を言語化しないと忘れるからという話を聞いたことがある。

味を言語化することは難しい。

でも、言語化できないと深い味わいは感じられないということだと思う。

 

人生も同じ。

目の前にころがっている何かを言語化できるかできないかで、

人生の深い味わいを感じることができるんだと思う。

 

f:id:kensaikey:20180702033747j:plain

 

 

読書 「読書という荒野」見城徹

本日は、

「読書という荒野」見城徹

をお送りします。

 

見城徹氏は、幻冬舎の社長さんで、

NEWS PICKSとコラボしています。

今を輝く箕輪厚介氏が編集しているそうです。

 

読書という荒野 (NewsPicks Book)

読書という荒野 (NewsPicks Book)

 

 

本を開いた

ヤバいです

 

生 死 本能 餌 美しさ 醜さ 葛藤 戦争 圧倒的

理不尽 緊張感 内ゲバ 疑心暗鬼 リンチ 

極限状態 恐怖 無限 過酷 破壊 矛盾 

嗅覚 迫害 苦渋 罪 殺害 

胸をかきむしりながら 

汗と血を流しながら

(p3~19 はじめに より)

 

これら超刺激的な言葉を使い、

はじめに、読書に対する考え方、著者そのものを情熱的に語ってくれる

 

 

この本との出会いは、一大事だ

今までの読書に対する考え方を改めて、

「自己検証」「自己嫌悪」「自己否定」する

 

私は精神を搔き乱す

私は葛藤する

聞こえる

真正面から向き合え

覚悟を持て

極限状態に身をおけ

 

生死を賭けた戦い

著者が戦ってきた生き様は

私を戦いへと駆り立てる